大粒アロエinクラッシュタイプの蒟蒻畑パイナップル味。


こんばんはー。
今日は、ごろごろ大粒アロエのシャキシャキ感と
クラッシュした蒟蒻畑がたまらない、
パウチタイプのこんにゃくゼリーの紹介です。
写真はパイナップル味。


ちょっとその前に、、、
みなさんは蒟蒻の歴史ってご存知ですか?
諸説あるようですが、原産地はインドシナ半島、
日本へは縄文時代に渡来したと言われています。
記録上では、大和時代(3世紀後半~4世紀初頭ごろ)に
医薬用として朝鮮から伝えられたとされています。
食用としてのこんにゃくは平安時代(794年~)
から食べられはじめたようです。
また、庶民の食卓にのるようになったのは、
江戸時代になってからだといわれています。
現代では、食品加工技術も発達し、こんにゃくの
美容と健康への医学的な効果
も認められるようになり、
様々なこんにゃく商品が販売されるようになりました。

実は私、蒟蒻はこんにゃく芋から作られていることは
知っていたのですが、、、
恥ずかしながら、蒟蒻を作ることが出来る芋に育つまでに
3年もの歳月がかかるとは知りませんでした。
栽培方法はこちら。





以下特徴です。
①なんとキャベツ約1/3個分の食物繊維が含まれています。
 →1個あたり6.3g→1日に必要とされる食物繊維の約1/3の量
②ごろごろ大粒の角切りアロエがたっぷり入っています。
③低カロリー→1食あたり49kcal。
④シャキシャキしたアロエとジューシーなクラッシュこんにゃくの新食感。





食物繊維の有効性が世界的に注目されるようになった出来事として、
1972年のイギリスの医師デニス・バーキット博士による
「食物繊維とがんの関係性」の研究報告があります。

詳細はこちら。
このバーキット博士の研究から、
食物繊維の摂取が便秘の改善に効果があること、逆にいうと、
食物繊維が不足すれば大腸がんのリスクが高まることがわかり、
食物繊維の有効性が世界的に注目されるようになりました。

食物繊維と癌との関連を見てみると、、、
現在日本人女性の死因第1位は、大腸癌となっています。
個人的な意見として、頑固な便秘の女性がかなり多い印象ですから、
便秘はその一因でもあるように感じています。
食生活をみてみても、日本人の1日の平均的な食物繊維摂取量は、なんと14g程度。
1947年(28g)に比べ、2008年からは約半分にまで摂取量が減っています。
現在、1日の目標摂取量は20g以上が理想ですが、
(2010年食事摂取基準→男性→19g、女性→17g)
毎日その量をきちんと摂取することは、なかなか難しいと思います。
また、自分ではきちんと摂取しているつもりでも、
実際は不足しているという人は、かなり多いのではないでしょうか?
セルフチェックできるサイトがありますので、
気になる方は覗いてみて下さいね。


結論として、食生活にかなり気を付けて、
しかも確実に食物繊維を摂取していなければ、毎日の摂取目標量を
クリア出来ている人は少ない、ということです。
ですから、、、端的にいうと、、、
不足している食物繊維を大粒アロエinクラッシュタイプの蒟蒻畑を食べて、
補うことが出来れば、女性の不快な症状も緩和され、
延いては、癌に罹患する割合も減ってくるのではないかということです。
あくまで個人的な意見ですが。(''ω'')ノ
お手軽においしく食物繊維が摂取できる優れものの蒟蒻畑です。
ぜひ一度お試しください。(´艸`*)





それでは、いただいてみました~。
蓋を取り外すと、こんな感じです。





グラスに注いでみました。
ぷるぷる、キラキラ、、、
本当にたっぷりアロエも入っています。





こんな風に、盛り付けてデザートにしてもお洒落。
勿論、色々なフルーツと一緒に盛り付けても
おいしくいただけると思います。
①忙しい朝に。
②小腹がすいたときに。
③リラックスタイムに。
いつでもちょこちょこと食物繊維をいただきましょう~。
味は、当たり前ですが、パイナップルテイスト。
思ったより、さっぱり。
150gなので、あっという間にいただけちゃいます。
一度お試しくださいね。(´艸`*)


大粒アロエinクラッシュタイプの蒟蒻畑!

sweet pepper cafe *nice living*

おいしいものとすきなもの 時々わんこ

0コメント

  • 1000 / 1000